Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2008年09月30日

【音楽活動】Smoke Stings Studio 更新

先日このブログでお知らせした親族の結婚披露宴の DJ セットリストを、Smoke Stings Studio 内の音楽カテゴリー内に掲載しました。

過去の DJ 活動のリストについても、今後、思い出せる限り掲載していこうと思います。
posted by 成瀬隆範 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

プロフィールページ リニューアル

プロフィールページのリニューアルを行いました。

勤務先の映像科で今映像撮影実習中なのですが、ロゴマークの制作や動画編集/画像編集指導など、やらなければ行けないことが増えまくりで、忙しい毎日を送っております(気持ち的に…)。

それに加えて、運営ウェブサイトの全ページ英語化を視野に入れ、今リニューアル作業の真っ最中です。そして、早くデモテープを作らなければ…。

posted by 成瀬隆範 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

またまたリニューアル

Smoke Stings Studio 内のリンク集を充実させました。

全ページ英語対応を目標としているので、リンク集も英語ページが作成されています。英語対応にする時は、全角文字が一切使えないので、結構気を使うんですよ…。

-----

仕事場の映像科でこの2年ほど指導を行っているわけだが、10月の初めに音楽関連で指導を行う可能性が出てきました。機材を使用しての長時間(6時間)の講義/実践指導になるので、準備に時間をかける必要があります。

また、ウェブサイト更新やデモテープづくりにかけれるはずの時間が少なくなってしまいました…。
posted by 成瀬隆範 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

恥ずかしさもどこかへ

まるで 風の中の 蝋燭のようにはかなく
そして 純白の それは まるで 罪深さのように

-----

"Love Suicide" を和訳した。

この曲を知っている人は……私の周囲には、あまりいないのではないかと思われる。非常に暗く耽美的で、陰鬱で重い歌だ。

覗いてはいけない奥底を、覗けるようになってしまうような時代だ。この歌も、そんな時代と共に、生まれてきたようなものだ。

大切なのは、世界観の構築がなされているかどうかだ。たいした世界観の構築ができていないのに、表面だけが綺麗に取り繕われているだけで、どれほど傲慢になれるものなのか。そんな思いが、この10年間、ずっと消えない。

だから、この曲を和訳する気になったのかもしれない。大多数の人からは認められないようなメディアで、暗く陰鬱で耽美的な世界観を追求したこの「作品」に。

前時代に賢く生きた人間は、数字を膨らませることに限界を感じ、次の時代への架け橋として、生きることに必要な物を釣り上げ、膨らませようとしている。そして、終わりかけた世代の幽霊が、ただ年を経ていないという理由で、形のないはずのものに手をつけ、食い物として蓄え、将来を貪ろうとしているようにもみえる。

もし、そんなまっただ中に投げ込まれているのだとしたら、強くあれ、としか言いようがない。

時代は急速に変わっているのだから。
posted by 成瀬隆範 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニューアルフォーエヴァー スペシャル'08

Atelier TLIS をリニューアルしました。外身というより、主に中身のリニューアルですが。

http://aceartacademy.net/tlis/

引き続き、ウェブの更新にかかろうかな…。
posted by 成瀬隆範 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

名前が欲しいとは思わない

真っ暗闇の時間 真っ暗闇の夜
まだ遥か遠く 朝の光は

まだ眠れない どうしたらいいのかわからない
こんな 真夜中の憂鬱な気分では

-----

Gary Moore の Midnight Blues を和訳した。

私の私淑している良寛は、「絵師の絵、書家の書」を良しとしなかったという。それはつまり、絵師や書家がえてして技巧に走りがちで、それはつまりある一定の型や枠に自らはまってしまうことを意味するのだが、それを、良寛が見抜いていたからだと、私は思っている。

Gary Moore は基本的にギタリストであり、別に専門の作詞家ではないが、その歌詞は難しい単語を使ったり、技巧に走ったりすることなく、実にストレートで、私にはとても好感が持てるものとなっている。

私は良寛の考え方にかなり影響を受けており、自分のことをラベリングすることは滅多にない。例えば私はウェブデザインをしているが、自分がウェブデザイナーであると誰かに表現することは非常に稀であるし(お金をもらって継続的にデザインを担当している立場にあるのだが、たとえそうだとしても、だ)、写真を撮ってもいるわけだが、自分を写真家と表現することもない(アマチュア写真家、という表現すら使うつもりがない)。絵を描いたとしても自分が「絵師(現代でいう画家)」であるとは思わないし、書を書いたとしても、自分が「書家」だとは思わないと思う。

それは、枠にはまりたくないからである。枠にはまれば、その枠以外のものが見えにくくなってしまう。しかし、枠にはまっていた方が、世間的には有利であることがわからないほど、視野は狭くないつもりである。

ということで、私が自分に枠をはめるとしたら、現在のところたった二つである。メインの職業である「美大受験の英語/小論文講師」と、自分が本当に好きで打ち込むことのできる、「ボーカリスト」なのである。
posted by 成瀬隆範 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

結婚披露宴セットリスト公開

土曜日に、妹の結婚式&披露宴で音楽担当でDJしてきたわけですが。その時のセットリストを公開します。

その場の雰囲気で選曲してつないでいくような実力や豊富な音源もなかったし、会場の機材の関係上、MDとCDを交互につないでいかなければならないという制約があったので、セットリストを作って、ほぼそれに忠実にやったというわけです。

音源の少なさとDJとしての実力の低さをカバーするために、選曲のコンセプトで勝負したつもりです。選曲のコンセプトは、「男と女」「インターナショナル」。歌詞やタイトルは基本的に事前に全てチェックを行い、失恋の歌や結婚式に相応しくない内容の歌は全て削除あるいは飛ばしながらしながらつないでいますし、暗い曲も基本的にはかけていません。

(以下、セットリスト)

新郎・新婦入場
USAF Band of the Pacific-Asia "American Patrol"

在日アメリカ空軍音楽隊による行進曲の演奏。今年の横田基地の友好祭の時に、このバンドのバンドメンバーが一部出演。本CDも、その際に入手。ちなみに、新郎の職場では、結婚後は横田基地にすまなければならない規定になっているとのこと。

食事
Orquesta de la Luz "De La Luz"

楽しげな食事のために、サルサバンド。Orquesta de la Luz は、日本人が結成したサルサの楽団。1989年夏、ニューヨークのサルサ・フィスティバルで成功をおさめ、翌年BMGビクターよりデビュー。ビルボード誌ラテン・チャートで11週間にわたって1位を獲得、圧倒的な人気を得た。日本人の音楽家としては初めて、国連平和賞を受賞。

ケーキ入刀
David Foster "Love Theme from St. Elmos Fire"

アメリカ映画「セント・エルモス・ファイア」のテーマ曲。同映画のプロットを元にして、日本のドラマ「愛という名のもとに」が制作された。新婦は、「愛という名のもとに」をちょうどリアルタイムで見ていた世代である。

食事
Gloria Estephan "Caribbean Soul"

エキゾティックに、カリビアンな雰囲気で。キューバ生まれでアメリカの歌手 Gloria Estephan は 1975年に、後の夫となるエミリオ・エステファンが率いるバンド「マイアミ・ラテン・ボーイズ」に参加し、1978年9月2日にエミリオと結婚。新婚旅行は熱海温泉。1996年にアメリカ合衆国で開催されたアトランタオリンピックの閉会式では『Reach』を大観衆の前で歌った。

中座*お色直し
Quincy Jones "Se E Tarde Me Pardoa (Forgive Me If I'm Late)"

数々の名盤を輩出したアメリカの名プロデューサー Quincy Jones が、ブラジル発祥の音楽ボサノバをアメリカ発祥の音楽であるジャズ(ビッグバンド)のスタイルで演奏する。お色直しの中座で、「遅れたらごめんなさい」ってわけ。

食事
Bobby Caldwell "Blue Condition"

アメリカ本国よりも、日本での人気が高い Mr.AOR のビッグバンドジャズアルバム。Beyond The Sea、I'm Concentrate On You、All The Way など、今回の多国籍結婚式に相応しいタイトルの曲を中心に選曲。

二人そろって再入場
Swing Out Sister "Am I The Same Girl?"

80年代から継続的に活動を行っているイギリスの男女デュオ。アルバムを日本で先行発売したり、日本独自企画盤音源を提供したり、日本人のトリビュートアルバムなどへの参加も積極的に行うなど、日本との密接なつながりがある。お色直しのあとの再登場だから、"Am I The Same Girl?" 

抽選会 会場装花 プレゼント
Watanabe Katsumi "Kumpoo manman"

YMOの世界ツアーにも参加した日本人ギタリスト渡辺香津美が、中国の雄大な自然を感じさせる「薫風漫々」を演奏する。

食事
Carole Serrat "Chinese Soup - Enveloppee de Tendresse"

フランス人ボーカリストが、荒井由美(ユーミン)の楽曲をフランス語で歌う。愛する人のためにスープを作る、という#2 Chinese Soup(直前の中国風の曲 Kumpoo Manman を受けて)、ジブリの映画の挿入歌で使用された「#3 Enveloppee de Tendresse(やさしさに包まれたなら)」。

食事
Clementine "Long Currier"

直前の選曲を受け、フランス人歌手クレモンティーヌの、日本人によるプロデュース作品。東京のクラブ・シーンで活躍する当時(1993年)の新鋭アーティストたちのサポートを受けて完成させたアルバム。

花束贈呈
Regina Belle & Peabo Bryson "A Whole New World"

言わずと知れた…。ディズニー映画「アラジン」のテーマソング。デュエット曲。ベタかなー、と思いつつ。同曲は世界中で様々な言語に翻訳され、カバーされている。

Everything But The Girl "Time After Time"
Jordan Hill "Until the End of Time"

Cyndy Lauper の名曲を、男女デュオの Everything But The Girl がピアノ+ギターのシンプルな演奏で歌う。レーベル企画によって1982年にインスタント・ユニットとして結成されたがその後永続的に活動するようになり、やがて二人は結婚。

Until the End of Time は All For One とのコラボ曲。本アルバムのプロデューサーは、ケーキ入刀の際のテーマ曲を制作した David Foster。「2人一緒に手を使ってのパフォーマンス」ってことで、シンクロさせてみた。もちろん、曲名も前の曲の "Time After Time" からの引き継ぎ。

新郎・新婦退場
Earth Wind & Fire "In The Stone"

新郎の名字は Bailey ですからね…。

お開き見送り
Kenny G "Wedding Song"
Quincy Jones "Septembro"

結婚式ソング。"Septembro" は、ブラジルのウェディングソング。季節もぴったり。

-----

と、いうわけで、数少ない音源の中からなんとか苦労して選びました。当日、多少のリクエストがあって差し替えがあったり、お開き見送りで招待客がなかなか還らずになんとかしっとり系バラードをつなぎながら(もちろん、歌詞は全てチェック済み)最後まで通したりという状態になったものの、全体としては、なんとかそつなくこなすことができました。

posted by 成瀬隆範 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

Yo! Bro!

法的には、もはや弟は黒人です Yo! Bro!。しかもとっても年上40歳だ Yo! Bro!。儀式的には、次の土曜日に弟が黒人になります Yo! Bro!。

その関係から、私が儀式内で使用するBGMの選曲を頼まれ、6月の学校内ファッションショーでのDJに続き、またDJをすることになりました Yo! Bro!。

今回は、けっこう条件が限定されています Yo! Bro!。先方に備え付けのMDプレーヤー1台とCDプレーヤー1台を交互につなぎながらのDJをすることになるわけです Yo! Bro!。会場側からは、その他の再生機器を接続してのDJプレイは丁重に断られてしまいました Yo! Bro!。

(つまり、こういうこと Yo! Bro!)
【MDプレーヤー】ーー【ミキサー】ーー【CDプレーヤー】

しかも、CDプレーヤーはパソコンで焼いたCDの再生ができない(非推奨)ということで、知り合い DJ が焼いてくれたイカした選曲のCD音源を使うことができません Yo! Bro!。

ということで、私が現在持っているMD音源600枚と、数年前に売り飛ばしまくってやっと半分以下に数を減らしたCD音源200枚余りの中から、うまく選曲をしなければならないわけです Yo! Bro!。

しかも、1曲ずつつないでいると、儀式中に飯が食えない Yo! Bro!(そもそも親族なので、満足に飯が食えるわけはないのですが…)だから、食事中に流す音源は、1枚通しで解決をしなければいけないわけです Yo! Bro!。

これはけっこう難しい Yo! Bro!。儀式、つまり結婚披露宴ですから、暗い曲は御法度なんです Yo! Bro!。妹&黒人弟からの要望で、選曲のコンセプトは「とにかくハッピーに」です Yo! Bro!。弟はアメリカの黒人ですし、その友人も外国人ばかりですから、英語歌詞のついている曲の歌詞の内容/題名まで気を使って選曲をしなければなりません Yo! Bro!。

幸い、お色直しだのケーキ入党だのの儀式内儀式があるので、プログラム的に15分〜30分程度で2〜3回強制的に音源を差し替える必要性があるのが、逆に有り難いところです Yo! Bro!。これが「10曲続けて題名も歌詞の内容もハッピーなCD音源探して流してくれ Yo! Bro!」だったりしたら、私はもうお手上げなわけです(1曲ごとにつなげば解決だろ、とか言うな Yo! Bro!)。


…こうやって韻を踏めば、なんでもラップになった時期が、日本でもあったんじゃないですかね…。

というわけで、この先数日は、それらに専念しなければならないのです。ウェブの更新作業は、しばらくおやすみですね…。
posted by 成瀬隆範 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

網膜ディスプレイ

網膜ディスプレイ、ブラザーが2010年に発売へ

この記事に関するコラムを「攻略!美大小論 データベース」に「網膜ディスプレイ」として掲載しました。
posted by 成瀬隆範 at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっとリニューアルのお知らせ

隠れサイトですがな。

http://cood.seesaa.net/

数年前から私のサイトを知っている人なら、私が今までやってきたことが別の形で継続されているだけだということがわかると思いますが…。

デザインを見ていただければわかる通り、現在運営中のサイト Atelier TLIS の一部分に組み込まれています。

先日リニューアルした当ブログと同じ手法ですね。…これから先の展開がもう読める人もいるでしょうね。

どーですかね。こういう手法は。「サーバごとに1つのドメインを取り、サーバごとに別のサイトを運営する」って考え方は、空間の制約をそれほど受けないはずのインターネット仮想世界ではもはや時代遅れの考え方なんじゃないかと思って、数年前からずっとこのスタイルをとっているんですけど。

あんまり他に見かけない気がします。このやり方。

ブラウザの表示の上では、デザインさえ統一してしまえば、一見同じサイトに見えるわけですから。いちいちURLに注目しながらウェブサイト見ている人はあまりいないでしょうし。

例えばマクドナルドが様々な地域に同じメニュー、同じような内装の店鋪で展開しているように、色々なサーバーの中にデザイン上は統一されている Smoke Stings Studio や Atelier TLIS のコンテンツのデータが分散されていたって、別に構わないのではないでしょうか。

これは現代の「ユビキタス」を別コンセプトで実現した考え方とはいえないでしょうか?どうですかね?

「ユビキタス」(Wikipediaより)
それが何であるかを意識させず(見えない)、しかも「いつでも、どこでも、だれでも」が恩恵を受けることができるインタフェース、環境、技術。

「サーバーが分散されている(=ブラウザが読み取りにいく場所がバラバラである)ことを意識させず、「いつでも、どこでも、だれでも」が Smoke Stings Studio や Atelier TLIS の多彩なコンテンツを同じデザインで提供されている」ということですよ。

どーでしょうかね?
posted by 成瀬隆範 at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。