Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2009年03月20日

古き良きジャック



特に狙ったわけではないのだが、久しぶりに買ったCDの何枚かが New Jack Swing ものばかりだった。

その中の1枚、Gary Brown "Rhythm or Romance
"。

私が New Jack Swing でよく聞いていたのは、Johnny GIll。ちょうど「あの」"My, My, My" の頃に、J-wave で超ロングヒットしていたのは、中学生の頃。

New Edition のVHSビデオ "Past & Present では Johnny GIll の圧倒的な熱唱が聴ける。New Jack Swing は、今聴くと懐かしさが先に立ってしまい、時代の急速な流れを意識してしまう。ただ、この頃の「ざっくりとした」音使い、そしてPVや衣装などのデザインワークは、けっこう自分のルーツになっているように感じるのである。

>>Album Information
posted by 成瀬隆範 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

憧れの作り出すもの



安部恭弘
 "Slit" 1984

ここ数日で入手した中での1枚。どうでもいいけど、鈴木茂氏がギターを弾いている模様。

稲垣潤一安部恭弘と共に「ニューウェーブ4人衆」と言われていたそうだが…)の楽曲の中でも一番好きな曲、ロング・バージョンの作曲者でもある。自分は Joao Gilberto の音楽性がとても好きなので(ミュージシャンのクレジットが「歌、ギター ジョアン・ジルベルト」のみ。格好良過ぎ)、ボサノバの手法を多用する感覚が好みに合っているのだと思う。そして、TOTO っぽさが出ているところも。

日本人の楽曲を聴く度に思うのが、「〜っぽい」という表現をどうしても使いたくなってしまう、ということ。これは、場合によってはアーティストに対しての最高の侮蔑となりうる言葉なのに。つまり、オリジナリティがない、という烙印を押しているようなものなのだから。

しかし、音楽というものは時代性を鑑賞の一基準として考慮しなければ、その価値を見損なってしまう。現代は情報の共有化が進みつつある時代だから、実は、昔よりもますます「〜っぽい」が、表現しやすくなっている。

情報の少なかった時代は、たぶん、憧れで音楽を作ることができていたはずだ。「憧れ」とは想像(イマジネーション)でもある。だからその意味では、憧れで音楽を作ることも、ひとつの創造のやり方だといえる。

情報が手に入りやすくなり、分析の手法も確立した「今」の音楽は憧れとは言えないだろう。データの収集と分析を進めていれば「それなり」の作品ができてしまうわけだが、それは理科の実験と同じようなものだ。結果を知っている人間には、大した感動はもたらさないのである。

とにかくこのアルバムの中で一番惹き付けられたのは、「シティポップっぽい」曲でも、「TOTOっぽい」きょくでも、「ボサノバっぽい」曲でもなく、単純なメロディーを素直にピアノの弾き語りで歌いこなした「砂色の夜明け」だったりするのである。
posted by 成瀬隆範 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

メッゾフォルテは過ぎていた



Mezzoforte "Catching Up With" 1984

ここ数日で音楽/映像素材を複数入手した。そのチェックをした中での1枚。

音楽を鑑賞する時に、「時代性」というのを抜かして鑑賞することはできない。自分が青春時代〜青年時代を過ごしたのは、いわゆるバブル後期〜崩壊後の、抑圧された時代である。

中学時代に聴いていた音楽は、開局したばかりの J-Wave で流れていた曲。生まれて初めて買ったCDは、Don Henley の "The End of The Innocence" (1989年)の新譜だった。確かに、無邪気な時代は終わりに近づいていたのだ。

しかし、私が好んでいる音楽の多くは、自分が生まれた頃や、自分がまだ音楽を聴き始める前の1970年代〜1980年代初頭にかけての音楽である。

Mezzofrte(メッゾフォルテ)。アイスランドのフュージョンバンド。1982年にブレイクしたとのことで、私はまだ小学校低学年の頃。知っているはずもない。

Fridrik Karlsson (G)、Eythor Gunnarsson (Kb)、Johann Asmundsson (B)、Gulli Briem (Dr)、Stefan S. Stefansson (Sax)、Bjorn Thorarensen (Key)、Louis Jardim、Ron Aspery、Guy Barker、Ellen Kristjansdottir、Shady Calver、Bjorn Thorarensen

当時は勢いに乗っていたバンドなのだろう。その「勢い」が、良い意味でも悪い意味でも出ているような気がする。高度な音楽演奏技術を持っていることは間違いないものの、グルーヴ感が表面的で、先を急ぎ過ぎているような印象を与えてしまうのが残念といえば残念に思えてしまう。

ただし、そんな風に感じてしまうのは、単なる自分の好みとシチュエーションの問題だと思う。

今日は雨。午前中だというのに、少々薄暗い部屋でこれを聴いている。もしこれが、ジャケットの写真にあるような真っ白に広がる砂浜で聴いているのなら、それは最高の音楽だと思えるのではないかと思う。

時代はメッゾフォルテからフォルティッシモへ。そんな音楽の聴き方が自然とできた時代があったというのは、とても恵まれたことだ。自分はその時代に音楽体験をしていないが、自分が音楽を聴いていた時代の時代性は今でも自分の中でしっかりと息づいており、私はそれを噛み締めながら、前に進むことができている。

posted by 成瀬隆範 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

耳をすますキャンバス




山下洋輔 「耳をすますキャンバス」 1996

ここのところ聞いているアルバム。

山下洋輔氏の親友,松井守男画伯に捧げるソロ・アルバムであり、ジャケットの画は松井守男氏の作品。収録曲の多くはアートに関連した曲名となっている("Echo of Gray"、"Into Green"など)。

私は元々ソロピアノ、あるいはピアノデュオの作品が好きである。現在、自分自身でピアノの練習を始めているので、耳を肥やすためもあって、手持ちのソロピアノのジャズアルバムを意識的に聴くようにしている。

たぶん10年近く前に手に入れていたアルバムだが、しっかりと向き合って聞いたのは初めてかもしれない。当時ではわからなかった色々なことが、今はわかってくる様な気がする。

全体的にアメリカよりもヨーロッパを感じさせる。落ち着いて細やかな音のグラデーションをベースとしながらも、氏のエッセイ『新ジャズ西遊記』に見られるような、強烈な、どこか崩れたような個性もしっかり織り交ぜられている。

個人的には、4曲目の "Splashes on Palette" タイプの曲が引けるようなピアノ弾きになってみたいと思っている。例えば、Mal Waldron のアルバム "All Alone
" の中でも、"If You Think I'm Licked" のような叩き付ける弾き方に魅力を感じてしまう。

その一方で、10曲目の "Into Green" のような、繊細な音の罪重なりと、間のコントラストが活かされた曲も、自分の惹いてみたいと思うピアノスタイルであり、結局、自分の好きなピアニストは、「強烈さ」と「繊細さ」の虜法が際立っている人、ということになる。

結局は両極端なものを同時に見てしまう、という昔からの自分のものの見方が、ただ反映されているだけなのだが。

最近、昔よく呼んでいた本を読み直している。たぶんまた、今までの自分の流れをまとめて、はっきりとした形にしたいという欲求が強くなってきているのだと思う。
posted by 成瀬隆範 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

【音楽】Paris Match "Saturday"




自分は長らく英語講師をやっており、中学生の頃から、海外の音楽にも継続的に親しんできている。

ご多分に漏れず、私にも海外の音楽>日本の音楽という価値観が支配していた時期があったものの、大学卒業の際に論文をしあげたこと、また、ほぼ同時期にアート業界で働くようになったことをきっかけとして、日本の音楽をとても素晴らしいものとして鑑賞するようになった。

自分で音楽を収集することも継続的にやっているのだが、近年は、音楽収集の専門家であるDJを通じて曲を知ることを覚え、ピンポイントで良い曲を提供してもらっている。

DJ Bar Future Flight では、都会的でセンスの良いサウンドをいつも提供してくれる。音楽に対する小難しい偏見がないのがこの店の素晴らしいところであり、日本のシティミュージック、として紹介された中にあったのが、Paris Match
の "Saturday" だった。

私はレコードの収集家ではないので実感としてはわからないが、東京ほど、世界的に見て様々な種類の音源が集まっている都市はない、と聞く。ネットの世界にも多くの音楽が満ちあふれている。音源の少ない時代には、日本人ミュージシャンは観察者としての優位性をあまり発揮できるものではなかったかもしれないが、音源が豊富に満ちあふれている現代、私は、歴史的に組み上げられて来た自国の音楽的文化(いわゆる純邦楽)の衰退を嘆く一方で、優れた観察者と模倣者としての視点を活かし切った、良質な音楽がどんどん生まれて行くであろことに、期待していたいと思っている。

観察と模倣で音楽を作り出すことも、ひとつの個性なのだから。それが徹底的になされているのなら、だが。
posted by 成瀬隆範 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

私は運命論者になる

歴史は繰り返す、というが、人生は、繰り返すものなのだろうか。

仕事帰り、道端で、会うはずのない人に会った。それは東京にはいるはずのない人で、まさか大学時代と同じように、お互い年齢だけを経て、当たり前のようにすれ違うなんてことが、あるはずのない人であった。

立ち止まって、しばし話をする。お互いに共有した時間が脳裏に流れた。それが、ちょうど10年前だということに気づく。まだ自分が、大学生だった頃。

10年前。自分はひとつの「作品」を仕上げていた。それは、一般的にはただ単に大学を卒業するために必要な単なる文章の集合体なのであるが、私はそれを、それまでの自分の考えの集大成として組み上げた。それは、『論文「理の終焉」』という形で、ウェブ上にもアップしてある。

自分は、いまだにこの論文を何度も振り返っている。自分が今考えるほぼ全ての土台は、あの論文を書くことでより強固なものとなっていった。10年経った今でも、それは全く色褪せていない。仕事場で授業をする時も、個別指導をする時も、アート(美術/音楽/文芸その他を含む)に関わる思考をする時の全てが、それを土台として構築されているのである。

そして今日、10年前にいた人とすれ違い、私は、10年前の自分と、今の自分をどうしても比較してみたい衝動に駆られてしまったのである。

この1年、自分がやって来たことを思い出した。10年前は、『論文「理の終焉」』を完成させることに時間を費やしていた。それでは、今の自分にとって、「作品」を、私は作っていたのだろうか。

奇妙なことに、自分は、この1年、今までの自分のやって来たことの集大成を、しっかりと構築し直していた。自分はそれまでやっていた10以上に及ぶカテゴリーのウェブサイトを構築し直し、3つのウェブサイトとして組み直していたのである。

10年前は、既にやって来ていたのだ。自分は、そう思った。また、ひとつの区切りを明確にする時期がやって来ている。10年前の論文は、その後、自分をこの10年間強く羽ばたかせ続ける原動力となった。だから、自分は、今やっていることと、今やろうとしていることを、この先10年間、少しでも遠くまで自分を羽ばたかせることができるように、明確な形に残そうと決意したのである。

論文は主として7つのカテゴリーに分かれていた。だから自分も、同じように7つのカテゴリーでこの10年間をまとめようと思う。そのうち3つは既にウェブサイトという形で実現した。そして、別の形でさらにもう1つの要素を、つい最近実現させることができた。さらに2つは現在着手をしている最中であり、完成には至っていないが、完成のイメージは既に見えている。最後のひとつは、おそらく、まだ定かには見えていないだけなのであろう。

10年前、論文を書いている時に、一番最後の章をつけ加えるのに、迷いがあったように。

人生が繰り返すものなのかどうかは、定かにはわからない。しかし、繰り返すものだと思うことが、自分を更に10年間、力強く進み続けるきっかけを作りうるのであれば、私は喜んで運命論者になる。

自分の本名は、「ずっと広がり続ける男」という意味を持った文字が使用されている。しかも、アートがらみの文字で。それが私に対する親の思いだというのなら、自分はその波に乗って、どこまでも広がっていこう。
posted by 成瀬隆範 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

Even Now

自分自身のデモテープを作るために、ずっと色々と思考錯誤をしている。

近年は、音楽での表現をするよりも、デザインでの表現をする方に慣れてしまって、とっくにデモテープ(正確にはデモCD)のデザインは出来上がってしまっている。それにもかかわらず、未だに録音に踏み切れない。自分の演奏技量に満足がいかないのである。

ボーカルだけの録音だったら、それなりのクオリティで仕上げることができるのだが、今回は、自分自身でキーボードも演奏しなければならない。元々私はボーカリスト適性のある人間なので、キーボードの練習は、なかなかはかどらないのである。

そうはいっても、私の演奏を聴くのを待っている人がいるので、いつまでも先延ばしにはできない。もう既に1年近くも待たせてしまっているのである。

Bobby Caldwell。自分の一番好きなミュージシャンである。繊細で不器用な男。

今日は笹沢左保を読んだから、なおさら、そんな男の作った曲で、落ち着いてみたくなるのである。皮肉な結末の後には、優しい癒しが欲しくなる。


posted by 成瀬隆範 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

Smoke Stings Studio Blog について

私が現在さまざまなウェブサイトの運営をしていることは以前エントリーで数えてみたりしたのですが、今後のウェブサイト運営方針を色々と考えてみた結果、本ブログでの更新を「音楽/文芸」に関連するエントリーに絞ることにしました。

以後、デザイン/写真等の「美術/視覚表現」に関連するエントリーは、私の視覚表現面でのウェブポートフォリオを公開しているサイトアトリエタリエス内に設置してるブログ、「TLIS BLOG」にて行います。

その他、Ace Art Academy にて行っているアート関連の講義などの更新情報は、Ace Art Academy 内にて告知を行うことにします。

よろしくお願いします。
posted by 成瀬隆範 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

【講義】「AKIRA 〜世界で認められた日本〜」追加

AAAtop2008

Ace Art Academy の「アート講義」カテゴリーにAKIRA 〜世界で認められた日本〜の講義概要を追加しました。


posted by 成瀬隆範 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

酒を飲んでいたから、俺は

「酒を飲まない理由など大してありはしないが、酒を飲む理由には、事欠かない」

こんな下らないフレーズ、一年のうちに、何度も使うべきではないのだが。

仕事を終えて家に帰ってきた自分を待ち受けていたのは、うまくいっていないの、という、ある女からの素っ気ない、携帯電話へのメールだった。

ただ単に、肩をすくめる他なかった。それは、もう、わかっていたことだから。たぶん、今日よりも、ずっと前から。

喜びと幸せの笑みを満面に浮かべながら、新しい旅立ちの報告を聞いたのは、そんなに昔のことじゃない。そして、新しく歩いていこうとしている道の険しさと厳しさを直感的にわかってしまったのも。

あの時。

あのとき、自分は、言うべきだったのだろうか。喜びに水を差すことがわかっていても。

過去へは戻れない。たとえ戻れたとしても、自分がその険しさを口に出したとしても、あの女は、そのまま先に進むことしか、考えなかったはずだ。だからこそ、言うべきでないと判断して、私は、喜びを共有しながら、あの女を送り出していたはずだったのに。

とりあえず、自分にできそうなことは、大してありはしない。したり顔でなにかが語れるような立場ではないし、だからといって、単に放置しておくことができるような、無責任でもいられない。

だから、とりあえず、酒を飲むことにした。

こいつは実に良い口実なんだ。酒を飲んでいたから、俺は、あいつのメールに、すぐには気づくことができなかったんだよ。
posted by 成瀬隆範 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸・話芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。