Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2009年10月17日

ずっと探していた歌を

20年近くずっと探していて数年前にやっと見つけた歌、加藤和彦の「ハリーズバー」。その加藤和彦が亡くなったそうです。

自殺。

この曲の歌詞、20年間ずっと好きだったし、今でも好きです。これからもずっと好きでいられると思います。作詞は安井かずみ。別れの歌ですが、自分にとって、とても大切な言葉が、この歌には含まれています。


*歌は、1分半後にはじまります。

ふたりなら どこにいても 人生になる
ふたりなら なにをしても 人生になる

そういう「ふたり」になれることが、自分にとって、一番大切なことだったりします。
posted by 成瀬隆範 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。