Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2008年08月21日

たった今、ひとつの恋愛を終わらせたばかりのように

だって あなたは私に 与えてくれる
こんな気持ち 私にはわからないような
あなたは 私に 与えてくれる
それは もう二度と 見つけられないような

愛して そして 生きている
ねえ これ以上 何を望めばいいの
もう二度と 恋をすることはないでしょう
あなたが 私に 与えてくれる
もっと もっと そして
私はもう 探さない
もう二度と 恋なんてしない

-----

もう いやな思いなんてしない
もう 逃げたり 隠れたりしない
もう あんな嘘を ついたりなんかしない
それはもう ずいぶん昔のこと

もう 束縛されたりしない
もう 気にしない 人がなんて言おうとも
心の中に 抱えてても 意味がないじゃない
触れた指先が熱い 火の中に 飛び込んでしまいたい

-----

久しぶりに、英語歌詞和訳をしてみた。曲は、最近ヘビーローテーションしている、Lisa Stansfield の "Never Gonna Fall" と "Real Thing"。

実は、和訳をするのには、とても大きな精神力が必要となる。なぜなら私の和訳のコンセプトは、CDの歌詞和訳にありがちな堅苦しい和訳ではなく、読み上げて美しく、男でも女でも、読んだ人が共感できるように、細心の注意を払って和訳をするからである。

和訳をする度ごとに、私は、歌詞の通りに喜び、悲しみ、恋をせざるを得ないと言っても過言ではない。そうでなければ、自分の納得いく和訳ができないのである。男のボーカリストの歌であれば、私はその内容通りに恋愛をし、女のボーカリストであれば、私はそこに出てくる男と同じように、その女の人と恋愛をしている気分で和訳を行う、ということになる。

それは非常に疲れる作業である。和訳をする、という作業自体には肉体的な疲れは伴わないとはいえ、ひとつの楽曲の和訳を完成させるころには、私の精神が大きく疲弊してしまうのだ。まるで、たった今、ひとつの恋愛を終わらせたばかりのように。

今日も、また。「恋は盲目」などという陳腐な言葉を使うまでもなく、人がどれだけ人を好きになれるものなのかを、今ではもう知っている。



posted by 成瀬隆範 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105123671
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。