Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2008年02月28日

面影はポート・エレンに 3

前回の続き

私は目を丸くし、いいんですか、と、思わず聞いた。いいんです、と、答えが返ってくる。

一度注がれたものに対しての遠慮は無用である。まさか、元の瓶に戻すわけにもいかないのだから。私は、有り難く頂戴することにしたのである。

それが、初めてのポート・エレンだった。もう2年も前の話である。それ以来、たくさんのバーに行ったが、ポート・エレンを見かけたことはなかった。もっとも、私は全ての酒を知っているわけでもないのだから、当然見落としもあるだろうし、バックバーの2列目以降に入っていたとしたら、それはもう見えはしないのだ。

ともあれ、一番上の棚にあるのは、紛れもなくポート・エレンである。普通に飲もうとしたら、ワンショット数千円は平気でとられてしまうシロモノである。ところが、その日は、ワンコイン割引を実施している記念日。気になる酒はありますか、と問われた私は、狡猾にもそんな計算をしながら、言ってみた。

「ポート・エレンが気になりますね」

さすがにワンコインとはいきませんが、と、バーテンダーは、少し笑って前置いた。

「通常の半額で提供いたします」

Port Ellen 27年。ドイツでのウィスキーフェアでの特別記念ボトルらしい。既にキャプテン・モルガンを賞味し終えていた私は、ためらうことなく、ポート・エレンを頼んだ。

透明なチューリップの花びらの中に、琥珀色が注がれた。チューリップの花弁が蜜を守っているように、透明に煌めきながら、半球形に揺れているポート・エレンを包み込んでいる。

チェイサーを少し口に含む。キャプテン・モルガンの甘さは消える。マリーの記憶も洗い流される。新しい人を、迎え入れる準備をする、というわけだ。

ポート・エレン。私は少し息をのむようにして、モルトグラスを傾けた。

少し口に含む。香りが鼻に抜ける。煙の向こうに浮かぶ、熟成した豊かさ。敢えて自己主張をするまでもなく、内に秘められた才能が自然と色となってにじみ出てくるような、適度に抑制された力強さ。

脳裏に面影が浮かんだ。出会った初めて、それが最高に美しいと思ってしまった、ずいぶん昔にたった1回見ただけの、そんな「最高の女性」が。

次回へ続く
posted by 成瀬隆範 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸・話芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

面影はポート・エレンに 2

前回の続き

目は、カウンターの中を追う。1杯目の酒は、2杯目を探すための時間稼ぎのようなものだ。バーには時間を過ごすために来る。急ぐ必要は全くない。じっくりと探せばよい。そうでなければ、たいていは向こうから、何か薦めてくれるものだ。

ふと、バックバーの一番上の棚に目が止まる。一番上、ということは、それほど使う頻度の高い酒ではないだろう。そして、使用頻度の高さは、価格とは比例しないものなのだ。トリニティ、ビッグスモーク、そして、ポート・エレン。

ポート・エレン。今まで1回しか飲んだことがないし、この先、飲む機会があるかどうかなんて、全く未知数の酒だ。なにせ、1983年に操業停止をしている蒸留所だ。今から25年前。

最初にこの酒を飲んだのは、池袋のとある店だった。バーというよりは、若者向けの小洒落たダイニングバーに、それはあった。カウンターで酒を飲み、食事をしていると、チーフの料理人が話しかけてきた。

池袋も、相当バーを巡った。そんな話をしながら、一番好きなのがアイラモルトであることを、ふと明かすこととなった。料理人はそれを聞くと、カウンター奥の調理場に乱立する瓶の中から、おもむろにひとつの瓶を取り出してきた。

それが、ポート・エレンだった。たぶんボトラーズものだったと思うが、詳しくは覚えていない。瓶の底の方に、ほんの1杯分に満たないほど残っている、琥珀色の液体。

飲みますか、と、聞いてくる。飲みたくないわけがない。滅多に見かけない。初めての体験だ。私は、覚悟を決めた。ポート・エレン。今日は、2軒目はないな、と。

モルトグラスが目の前に置かれ、ポート・エレンが、瓶の中から注がれた。

全て。

瓶の中は、空になっていた。

次回へ続く
posted by 成瀬隆範 at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸・話芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

面影はポート・エレンに 1

昨年の今頃は、親しい友人の結婚式だったことを思い出した。とりあえずメールを送り、祝いの気持ちを伝える。試行錯誤しながらの共同生活を慮り、近いうちに飲もうと誘う。

なんとなく気持ちの定まらないまま、ふらっと降りた駅の近くで、1軒のバーに入った。よく行く駅ではあるのだが、範囲が広過ぎて、1軒1軒しらみつぶしにめぐっていても、まだまだ行ったことのない店がどんどん出てくる。そんな街。

前から目をつけていたバーだ。時間と金が無制限にはないから、なかなか行こうと思っていても行けなかった店。気持ちが定まっていなかったからこそ、財布の紐も緩む。看板に目を止め、行こうと思っていたことを思い出し、階段を下りて、扉を開けてみた。

琥珀色の店内。ただし、決して暗くはない。琥珀の中に光を透かしたときの、石の中で煌めく橙色。カウンターの奥には、ハードリカーの瓶が立ち並ぶ。ひとつひとつの瓶は全く異なった個性を持っていながら、まるで幾何学模様のように、透明感のある輝きを放つ。繊細で壊れそうなカクテル・グラスとのコントラスト。シェーカーの銀の輝き。くるくると回るバースプーンの、まるで終わりのない円運動。

偶然にも、同店は6周年で、ワンコインでたいていの酒を給するとのこと。普段はあるはずのハイスツールは全て片付けられ、スタンディングで酒を飲む。キャッシュ・オン・デリバリー。実に合理的で後腐れがなく、私の好きなスタイルだ。

1杯目を少し迷ったが、キャプテン・モルガンを頼むことにした。友人の結婚記念日に当てられたらしい。いくらハリーを気取ってみても、マリーは探せるわけではない。

目の前に出されたのは、背の高いキャプテン・モルガンではなく、背の低いプライベート・ストックだった。思わず声に出る。

「プライベート・ストックが、ワンコインとは、素晴らしい」

酒には、何も混ぜないのが性に合っている。氷ですらも。だから、たいていはチューリップの中の琥珀色の液体を、少しずつ減らしていく作業に徹することになる。

考え事をするには、ちょうどいい飲み方だ。喉を鳴らしていては、頭の中に、余計な音が反響してしまう。喉を鳴らすのではなく、まるで自分の口の中に最初から存在するように、琥珀色は少しずつ、自分と一体化していくのである。

次回へ続く
posted by 成瀬隆範 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸・話芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

【歌詞和訳】She's Got A Way リンクされました。

ブログ「ホーム&ヒューマン・ナビ」の Billy Joel の記事にて、Smoke Stings Studio 内の英語歌詞和訳がリンクされていますので、こちらで紹介しておきます。

昨日に続き、連続ですね…。
posted by 成瀬隆範 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

【英語歌詞和訳】バレンタイン記念イラストにて使用されています。

Smoke Stings Studio で掲載している英語歌詞和訳 "I'll See You In My Dreams" が、ブログ蒼い月で掲載されたバレンタイン記念イラストの中で使用されています。

バレンタインデー、過ぎちゃいましたけど、お知らせしときます。
posted by 成瀬隆範 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

ファンシーズーム

ちょいーとやることが多過ぎて忙しい中、久しぶりにウェブサイトをいじってみました。まあまあ、画像をクリックしてみて下さいな…。

面白いですね、これ
posted by 成瀬隆範 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

太陽と埃

真新しい靴を履いて、昔聴いた曲をかけ、今日は朝の喧騒の中に久しぶりにいた。

朝飯を食べながら、とれかかったボタンを縫う。たった2時間のために。

まだ先は見えない。

ただ、今のままではいたくない気持ちが募る。太陽の光が射せば埃も目立つだろうが、今はそれも懐かしい。

決して戻るのではなく、進むために、まだまだやることが多い。
posted by 成瀬隆範 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

次々と

この世の中に、「似ている人」がどれだけ存在しているのかはわからないが。

今日偶然隣に座った人は、信じられないくらい、自分の知っている人に似ていた。

他の人にはあまり話さない人の話をしたのは昨日。そして今日。

偶然にもほどがある。




これから自分は、新しいところへ、踏み出す。

とても大変だけど、活気のある2ヵ月にしたい。これからは。
posted by 成瀬隆範 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。