Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2006年01月31日

多摩美の実技 2004-2005年度問題追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 多摩美の実技に2004年度と2005年度の各実技科の入試問題を追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

入試カレンダー 全実技専攻分 完成

Ace Art Academy
AAA.jpg

 入試カレンダーを全実技専攻分追加しました。ここ数日は更新をサボっていたわけではなく、まとめてやっていたのです…。
posted by 成瀬隆範 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

センター試験英語リスニング機2

 先日お伝えしたセンター試験英語リスニング機器、私もちょっと入手する機会があったんで使ってみましたよ…。


 見事に不具合を起こしました。途中で止まってさあ大変。…だめじゃん。
posted by 成瀬隆範 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

センター試験英語リスニング機分解

 早速やってるし。しかしこれ、持ち帰りOKだったのか?だとしたら、大学入試センターは甘く見過ぎてるな…。回収して分解されないようにするのが当たり前だと、私は思い込んでいたよ。

 こんなことしたら、不正が発生しやすくなるだろうに。さっそくもう「2度リスニングを聞き直すやり方」が暴露されてるし。来年は全く別の機器を使うとしたら1年ごとに新規に開発費をかけるだけ無駄だし、来年度は今年の機器をベースに改良し直した機器を使うのだとしたら、受験生にリスニング機器を持ち帰らせるべきではないのではないのか?これじゃあどのように改良されるかぐらいの予測は、簡単についちまうと思うのだけれども。

 …まあ、今年の反省から全く別のシステムに変わる可能性もあるのか。いずれにしろ、無駄が多いと思うのだが。

 
posted by 成瀬隆範 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

入試カレンダー 彫刻系学科 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 入試カレンダー 彫刻系学科を追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

入試カレンダー 日本画系学科 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 入試カレンダー 日本画系学科を追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

2006年01月16日

なぜ社会学はだめなのか

 ほんと、大学時代はキツかった。こんな人たちばっかりだったから。情報収集能力と論理を組み立てる力さえあれば、何でも正当化できてしまう。
posted by 成瀬隆範 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

がんだむ

 ガンダムが好きな方どうぞ。ガンダムを愛してしまっている方は見ない方がいいでしょう。めちゃめちゃ重い。しばらく待ってから見ましょう。
posted by 成瀬隆範 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

書籍カテゴリー 更新

Ace Art Academy

AAA.jpg

 Art Books カテゴリーの整理と更新を行いました。新規には、以下の書評が掲載されていますので、こちらにも転記します。



標準DTPデザイン講座

 Adobe InDesign は非常に優秀なソフトウェアですが、なんの参考書も無く使用することは不可能です。もちろん、ヘルプ機能は搭載されていますが、やはり紙媒体での「参考書」という形で閲覧できると、遥かに作業効率が上がります。

 様々な「参考書」が存在する中で、私が選んだのが、この本です。たくさん参考書がある中で、敢えてこの本を選んだのは、以下のような利点があるからです。

  • オールカラーである。
  • DTP の基本部分の解説も掲載されている。
  • カテゴリー別に学習ができるようになっている。
  • 表紙のデザインにセンスの良さを感じる。

 以下は、上記の項目ひとつひとつについて詳細な解説。

○オールカラーである。

 私は、コンピューター関連の解説書では、白黒ページを好みません(単なる文字情報だけで事足りる内容の場合は別)。言うまでもなくコンピューター画面はカラー画面なわけであり、解説に画面の写真を掲載する必要があるような場合にはカラーで掲載されていないと、わかり辛いと感じてしまいます。また、「文字色などを使い分けることによって説明をわかりやすくする」というデザイン上の手法を使用できていないということなので、わかりやすさ、という点においては白黒ページはカラーページに及ばないと思います(これも、単なる文字情報だけで事足りる内容の場合は別)。

○DTP の基本部分の解説も掲載されている。

 これは、DTP 初心者にとっては非常にありがたいといえます。掲載されているページ数自体は非常に少ないのですが、Adobe InDesign というソフトの存在意義を理解しきれていなかった自分にとっては非常にありがたいページでした。DTP を本格的に学ぶ場合は別に DTP に関する専門書や解説書を入手した方が良いのでしょうが、「とりあえず Adobe InDesign を使いたい」という場合は、『標準DTPデザイン講座 InDesign CS』に掲載されている程度の少ないページ数の説明だけでも十分に役に立つし、内容理解の手助けとなります。

○カテゴリー別に学習ができるようになっている。

 『標準DTPデザイン「講座」 InDesign CS』と銘打っているように、ページを追って読み進めてゆくことで、カテゴリー別の学習ができるようになっています。もちろん、たいていの解説書はカテゴリー別に章立てているのですが、本書の特徴は、「講座」と銘打っていること。つまり、最初から「わかりやすく教える」ことをコンセプトに書かれているのです。
 専門家というのは、とかく教えるのが下手になりがちです。理由は様々にありますが、自分がわかっている分野の内容を扱うからこそ「こんなのわかって当たり前」という気持ちが働いてしまうという側面もあるのでしょう(「こんなこともわからないの」と考えたり発言したりしてしまう、ダメ教師は依然として多い)。『標準DTPデザイン講座 InDesign CS』の場合、最初から「教える」ことをコンセプトにしているのでそのような傲慢さはページ内に見受けられないし、実際にわかりやすく親切に書かれていると思います。

○表紙のデザインにセンスの良さを感じる。

 表紙デザインなど、「内容とは関係ない」と思う人がいたとしたら、ちょっと考えてみてほしい。表紙のデザインセンスが良いということは、隅々にまで気を使ったうえで、『標準DTPデザイン講座 InDesign CS』が出版されているということなのです。ましてや、この書籍は DTP という、書籍のデザインに関わる分野の書籍です。表紙のデザインセンスの悪い書籍で、私は書籍デザインを学びたいとは思いません。
 私は、外面というものは優れた感性(内面)の発露であると思っています。デザインの根本とは素材の本質を見抜いてその良さを最大限に引き出すことであり、そのデザインの本質的部分を表紙という外面的要素で外していない『標準DTPデザイン講座 InDesign CS』に、私は非常に好感を持ちました。外面のみで判断するのはやってはならないことですが、外面と内面の高度なバランスが取れているものは、積極的に選んでいって間違いはないと思っています。

(書評と推薦:成瀬隆範

posted by 成瀬隆範 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

アドビ ソフトウェア 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 Adobe 社の製品に関してのカテゴリーを追加しました。Adobe Creative Suite / Adobe Illustrator / Adobe InDesign / Adobe Photoshop、全てクリエイティブで素晴らしいソフトウェアです。私がウェブサイトを作成する際にも、グラフィックの方面でかなりお世話になっています。 Adobe InDesign は、特に感動的なソフトウェアですよ。個人的には、これがあれば、マイクロソフトワードなどという極悪な使い勝手のソフトウェアなんか全く必要無し。
posted by 成瀬隆範 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つっぱり的

 「力士」という言葉に一抹のロマンと笑いを求める君をきっと惹き付けて止まないブログだ。

 早朝からやたら暑苦しいものを見てしまった…。何やってんだ、オレは…。胃がもたれるじゃないか。
posted by 成瀬隆範 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

千本松の利三郎

 最近、笹沢左保が読みたくてたまらない。しかも現代物ではなく、時代物が。

 そんな感じなのででバイクに乗ってた頃は7つの詩の図書館を股にかけて借りまくっていたのだけれど、バイクを持たない今となっては、やはり最終的には購入することとなった、笹沢左保作品。なんせ生涯のうちに377冊出版した人だから、先はとても長い。それでも、本当に気に入ったものや自分の感性に合致したものは、何が何でも自分のものにしたがる私の悪いクセが出た。

 と、いうことで、古本屋で買いまくっている。

 読んでいて、今までとは違った感触になっているのに気づく。今までは笹沢左保作品は登場人物に共感できることが多かったのだが、今は共感するというよりも、それを懐かしく見ている自分が居る。

 特に、股旅もの。

 「千本松の利三郎」(『旅鴉』収録)を読んで気づいた。

 そうか、懐かしくなる筈だ。生き甲斐を持たない本物の利三郎は、生き甲斐を見つけた贋者の利三郎に、命を譲ってしまうのだ。

 1年半前の私だったら、主人公の本物の利三郎に共感できたのかもしれない。しかし今は、本物の利三郎を冷徹に描写する笹沢左保にこそ、共感できる。今までの私は、笹沢左保の掌で踊っていたに過ぎなかったようだ。彼の生み出す登場人物の虚無感を乗り越えた今は、私は笹沢左保と同じように、それを冷静に見つめることができる。同じ価値観を持つ人間を現実に見出しただけで、こんなにも心は変わってしまうものなのか。

 今の私が共感するのは、本物の利三郎でも、贋者の利三郎でもない。笹沢左保を越えることができたと思うほど自惚れてはいないが、私は、少なくとも「笹沢左保」を乗り越えることはできたようだ。

 次に乗り越えるべきものも、もう見出すことができている。しばらくは懐かしみ、今までの自分を確かめるために私は笹沢左保を読むだろう(新しく10冊くらいは買ってしまったのだから)。その後進むべき方向が見出せた今だからこそ、安心して過去を振り返ることができる。
posted by 成瀬隆範 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

東京の宿泊施設リスト 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 美大入試時期に便利な東京の宿泊施設のリストを追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

ファイナルマイヤヒー

posted by 成瀬隆範 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

直感

 情報や理論より、自分の直感に従うようになってもう数年経つ。

 念願叶い、閉ざされていた蔵の扉をやっと開けてもらった、そんな気分。思うこと、考えることは色々あれど、これからも直感は信じてゆこうと思う。

 最大公約数はあくまでも最大公約数であって、決して正しいわけじゃない。最大公約数を知っていても、それを信じなきゃいけないわけじゃない。

 ありがとうございました。あんなに当たり前のように時間が過ごせるとは思いませんでした。これからもよろしくお願いします。
posted by 成瀬隆範 at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

2006!!

SSS logo


 あけましておめでとうございます。
 本年度もよろしくお願いいたします。
 成瀬隆範 2006.1.1
posted by 成瀬隆範 at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。