Smoke Stings Studio > 文芸作品 > Smoke Stings Studio Blog

2005年12月30日

やっと

 やっと、仕事を考える必要の無い休日となった。今日は特に予定もなく、のんびり過ごせる。

 もっとも、予定というものは放っておいてもできるものらしく、年始はそれなりに予定が埋まりつつある。その中に仕事関係が含まれてしまっているのが不本意だが…正月だというのに。まあ、仕方が無い。

 どうも色々なものが堂々巡りの繰り返しで、両極端が交互に繰り返され、なかなか中庸を見ることが無い。

 いずれにせよ、やるべきこと、やった方がよいこと、やりたいことは満ちあふれているので、時間の埋め方に困るということは無い。

 …と、いうわけで、年始に向けて、やることやるか…。
posted by 成瀬隆範 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

姓名判断のバカヤロー

 ああ、やっと今日で仕事納めだ…。けっこう連続して勤務する日が多かったから、大変だったです。でも、やっぱり、何かを目指していたり自分自身の向上を考えていたら、休んでいては、ダメですよね…。最近、痛切に実感するようになりました。

 例えば脱サラして起業した人なんて、休みの日なんか取れなくなるし、大体、「休みを取る」って概念自体が人間全体の歴史から考えたら、最近のものですよね。例えば農業なんかやっていたら、休みの日なんかないに等しいわけだし。植物や動物は待っちゃくれないですから。

 マイペースを言い訳に、止まっていたら、そこまでかな、と。進むことのできないやむを得ない理由があるならともかく、気の持ちようで改善できるものなら、最大限の効果が上げられないと分かっていても、ほんの少しずつでも、進んだ方がいいのかな。

 忙しい時期だからウェブの更新なんて無理だと思っていたけど、「年内に Ace Art Academy の体裁を整える。少なくとも掲載6大学の実技試験の項目は充実させる!!」って目標を立てたら、こんなに更新回数も多くなったじゃないか!!というのが、実感です。今までの自分はダメでしたね。だらけだったですよ。

 いずれにせよ、これはただの趣味じゃない。コンセプトと目的意識があってやっていることなのだから。後は、それをどう「生活」に結びつけてゆくかであって、これは完全に、私の個人的な問題。構想は、少しずつでも動いている。今月は肉体的にも精神的にも重圧が多かったけれども、今、なぜか気力は充実している。努力を重ねて見るだけの気概はある。今までの自分の甘っちょろさを吹き飛ばさなければ。

 ちなみに。

 軽〜い気持ちでウェブで姓名判断などをやっていたら、どの姓名判断でも出てきた項目が、「努力が報われない人」「健康上の問題を抱えることが多い」だった。

 …まさに!!!当たってるぞ、ちきしょう!!!まるで、「それが君の運命だ」って言われたみたいじゃないか。

 3つくらいやった中で、3つのほぼ全て、しかもハンドルネームと本名の両方でやってみたのにその双方でいつも出てくるってどういうことだよ、おい。「偶然」で言い訳することすら、馬鹿馬鹿しくなってしまう。

 まあ、いいよ。開き直るよ。報われないからといって努力することを忘れて、たらたらダメになってしまうような人間にはなりたくないから。私はいまだに大きな健康上の問題を抱え、生きてゆくこと自体、正直辛いのだけど、それでも、甘ったれた人間にはなりたいとは思わない。

 肉体的に進むことができないのなら、精神的に進めばよい。精神的に進むことができないなら、肉体的に進めばよい。外面的価値で報われないのなら、内面的価値を充実させればよい。内面的価値を失ったのなら、外面的価値で補うことも有効だ。どんな状態に陥っても、やれるべきことがある。大体、「運命」とやらの手に弄ばれてぼーっとするより、「運命」の襟首掴まえてねじ伏せるくらいの方が、自分の性には合っているのだ。

 …もちろん、ねじ伏せる時には丁重にねじ伏せて差し上げるのが、私のやり方なのだが。
posted by 成瀬隆範 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

日芸の実技 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 2003年度から2005年度までの日本大学芸術学部の実技試験内容を追加しました
posted by 成瀬隆範 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

透明/不透明水彩絵具 メディウム/絵具編 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 透明/不透明水彩絵具のメディウム/絵具編を追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

重圧。

 重圧。

 それを負担と呼べば疲れるが、負荷と呼んでみれば、自分を鍛えることも可能になる。

 地中にマグマが溜まっていても、噴出させるだけが能ではない。噴出すれば、止まるところを知らず流れ出て、何処へ向かってゆくのかも想像がつかなくなってしまう。破壊力は圧倒的だが、後には爛れた大地しか残さない。

 しかし噴出しないままならばそれは、長く、少しずつ、大地を温めることもできる。地熱が適度に保たれていれば、植物を繁茂させることもできよう。植物が育てば、それを求めて動物もやってくるだろう。たとえ長い時間がかかっても、噴出させたマグマで土を焼き払うより、少しずつそれを温かみに変えてゆけばよい。

 自分の腑甲斐なさであれば、自分自身を怒りで焼き払うことも可能である。しかし、今回は私の責任ではない。誰の責任も問うことはできないだろう。人はそれほど強くはないのだから。

 人はそれほど強くはない。

 それは、私にも適用される言葉の筈なのだが…いったいいつまで耐え、強くなったふりをしていればよいのだ?怒りは沸々と沸き起こる。しかしそれは、誰に対して、というわけでもない。だから、噴出はさせることはできないし、するつもりもない。

 いいだろう。やってやろうじゃないか。いくらでも叩き付けるがいいだろう。今までにだってもう十分叩き付けられているのだ。私は今まで、刀を鞘走らせたことは無い。今回も、それは無いであろう。私は火の恐ろしさや金属の鋭さより、土の存在感と植物の強さを知り、水のしなやかさをを求める人間だ。

 私は、自分の本分を違えないまま、ただ進んでゆくだけだ。今はまだ、それができるのだから。
posted by 成瀬隆範 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

女子美の実技/学科小論文追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 女子美の実技及び学科(小論文)を追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

東京造形大学の実技 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 東京造形大学の実技を追加しました。学科再編の行われた2003年度以降の分の掲載です。
posted by 成瀬隆範 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

振り返りたくない

 焦燥感はないが、無力感が漂う。からっぽを満たそうとして、色々なことをやろうとする。満たされないことこそ、何かを作り出してゆく原動力だ。

 前に進みたがるのは、結局、自分が前に進んでいないから。後ろを振り返ることができるのは、自分が前に進むことができているから。今は、後ろを振り返りたくない。今まで築き上げてきたものの無力さを知る。形にならない、空気を通さない、心の内は震えても、それを伝える術がない。後ろを振り返ってしまったら、自分が積み上げてきたものがいかに脆いものであるかが見えてしまうかもしれない。

 目指すべきものは分かっている。とうの昔に知っている。些細なことの積み重ね、それを生活と呼ぶならば、それが私の邪魔をする。しかし、生きてゆくとは生活をするということに他ならない。もし、生活という要素を無視して生きてゆくのなら、それは何かで代用されなければならない。多くの人間は、それを家族や金で解決しようとする。

 それは実に懸命なやり方である。自分の生き方を保つために、どこかの部分で妥協する。妥協したくない、などというのは、我が侭に過ぎない。何かが出れば、何かが引っ込む。それがものの道理というものだ。その凸凹の関係を推し量り、様々な物事を決めてゆく。妥協は生きてゆく中で至極自然なことである。もし妥協をしようとしないのなら…それは、自分の突出した部分で他人を突き刺しているだけだろう。

 突き刺された、他人の痛みも分からずに。

 他人の痛みを慮る人間は、その分だけ自分自身を傷つける。時にはその傷を見せ合い、それを同情と呼ぶこともある。しかし、所詮は別々の人間同士である。自分自身で付けた傷が、相手のものと同一であるということはありえない。形が同じでも、深さが違う。深さが同じでも、痛みが違う。そこに類似点を見出せば、共感ができる。相違点を見出せば、それは同情のままで終わる。

 進み続けようとする人間には、進もうとしない人間の気持ちがわからないのだろうか。進もうとしない人間は、進み続ける人間を羨むというのは、あまりにも偏った見方だろう。進まないのも、一つの方法なのだから。

 否。

 進むことを望まない大多数の人間を、進むことを望む少数の人間が統制することで、歴史というものは形作られてきたのではなかったか。
posted by 成瀬隆範 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

油彩画材項目 完成

Ace Art Academy
AAA.jpg

 油彩画材の項目が完成しました。
posted by 成瀬隆範 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残虐なチェックポイント

 10年以上前の多摩美術大学の入試問題で、バービー人形が扱われていた。愛着を持たずに「交換する」ことを憂いながら。12年後の現在、子供達は自らの過去の経験を恥じ、それを残虐に消し去ろうとしているようだ。しかも、それを「クール」と呼んで

 これが通過儀礼?こんな残虐なチェックポイントを通過して、いったい何処へ向かうというのだ?いったいこれは、本当に事実なのか?

 もっとも、子供というのは、そもそも残虐なものだ。男の子であれば、幼稚園や小学生の頃に必ず昆虫などの小さな生き物の命を無惨に奪ってしまった経験がある筈だ。今回のこの話題は、バービー人形が人の姿形をしているから、記事を最初に読んだときの抵抗感が強いのかもしれない。そう考えると、ある意味これは女の子の通過儀礼の新しい形、と捉えることもできなくはない。

 後は感情の問題だ。好きか、嫌いか、である。私は…正直、好きになれない。GTAの問題のように、賛否両論があって然るべき問題だろう。
posted by 成瀬隆範 at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

怯え

 結局は土壇場で予定変更。虚しさを持て余したまま、穢れた活気にまみれた街を彷徨う。男の弱さと愚かさと、哀しい女が居ることを、見たくもなかった筈なのに、痛感させた街だった。

 なぜか惹き付けられるのだが、決して中には入ろうとしない自分が居る。私は所詮、両極端な人間だ。中に入れば、必ず堕ちる。しかも、行き着くところまで行ってしまうだろう。無意識のうちにそれを認識し、ブレーキをかけているのかもしれない。

 現状の私の生き方など、非常に危うい状態だ。ただ何となく、自分に「見えてしまうもの」をうまく活用してゆけるからという理由で、「先生」などという今だにあまり好きになれない呼称で呼ばれる職業についているに過ぎないーーそもそも、「先生」になろうと思ったことなど、一度もない。人の先に立つのではなく、一緒に考え、一緒に居れる人が欲しいだけなのだ。…ただし、ただそれだけのことが如何に難しいかは、十分わかっているつもりだ。

 あの街に取り込まれても、私はやはり「見えてしまうもの」を最大限に活用して生きてゆくだろう。しかしそれは、人として踏み出すべきではない要素を多分に含んでいる。行き着くところまで行ってしまったら、「人の形をしている」だけの存在となってしまうかもしないような。そして、その内心は、必ずといってよいほど怯えているのである。

 してみると、今は怯えることがないだけまだましなのかもしれない。本意ではないが、不本意であるというわけでもない。少なくとも、受け入れることはできる部分が多分にある。そして、どのようなことを考えていても、最後には立ち直れることを知っている。幸せだとは思わないが、不幸だとも思わない。そのあたりが、もしかしたら丁度良いのかもしれない。
posted by 成瀬隆範 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

損な性格

 明日は、柄にもない役回りを演じなければならない。

 形骸的な人付き合いに関するものは、苦手だ。友人から回ってきた話だが、一向に気乗りがしない。こういうものを喜ぶ手合いもいるのだろうが、私はまっぴらである。…本来なら。

 どうしても考えてしまうことがある。年齢相応なのか?いや、むしろ、かなり遅い方だろうが…。そもそも生活も生き方も、普通とはかけ離れた世界にいるのだから、そんなことを気にしても仕方がないことなのであるが…。

 一方的に働きかける虚しさはもうまっぴらだと思いつつ、どうやらまたその状態に陥ってしまっているようだ。事情は察するが…正直、私は何処まで考えてやればよいのやら…。心が楽になったと思ったら、それはそれでまた別の悩みとなるのだから、始末に負えない。「それが人間ってもんだろう」などと、頭で綺麗事を思い浮かべることはいくらでもできるが、それを受け入れられるかどうかは、全くの別問題なのだ。

 いずれにしろ、「損な性格」というものは間違いなく存在するのであって、相手の損をこちらで埋めようとすれば、こちらが損をすることは、紛れもない事実となってしまっている。この場合は、逆もまた真なり、だろう。

 現世で救われぬことを来世の幸せに結びつけるような無責任な偽善の存在を認識し忌みつつ、根本的には大して変わらないようなことを考えてしまっている自分がどうにもイヤになったりするものだが…。

 知ることとわかることは別物だし、わかることと受け入れることもまた、別物である。自分と他人は別の人格である以上、ある程度形式によってそれを取り繕ってゆかねば、人間は離れてゆくだけであろうと思うのだが…。要するに、私はそれを受け入れられていない、ということなのか?まあ、我が身を振り返ってみれば、偉そうなことを言える立場にないのは、いつものことだ。

 明日は不本意だが、多少の刺激にはなるかもしれない。全く期待などしてはいないのだが…。報われぬことへの息抜き…否、無い物ねだりの部分が埋まらないことに、不満をぶつけても仕方ない。十分に報われていると思っている人間も存在するのだろうから。

 少なくとも、自分で道を選ぶことだけは、してきたつもりだ。その事自体に後悔を覚えることが全くないとはいえないが…。
posted by 成瀬隆範 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 考える。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武蔵美の学科 追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 武蔵野美術大学の実技/学科情報の追加を行いました。具体的には、武蔵美の小論文 芸術文化学科武蔵美の小論文 映像学科武蔵美の小論文 基礎デザイン学科武蔵美の英語武蔵美の国語 の追加です。
posted by 成瀬隆範 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

武蔵美の実技 2001-2005 全科掲載と、愚痴

Ace Art Academy
AAA.jpg

 武蔵の実技を2001年度から2005年度まで全て掲載しました。なお基礎デ、映像、芸術文化の小論文に関しては近日掲載します。

 夜中に起きてしまったので、こんな時間に更新です。年末も近づき、いろいろと考えてしまいます。

 (以下、愚痴…)

 本年は、私にとっては色々は意味で転機の年になりました。やっと、自分のやってきたことが実になり始めたという感じです。もっともそれはかなり危うい状態で、これからいかに自分を律してゆくかで、その実は大きくもなり、小さくもなり、あるいは潰れもするでしょう。

 構想のみ先走って一向に充実しなかった2つのウェブサイトですが、やっと基本が固まってきました。…2年半以上かかりましたけど。

 ここのところ、Ace Art Academy の方へ接触してくる方が複数いるのですが、もしかして Ace Art Academy を学校法人や企業かなにかと勘違いされている方がいらっしゃるのではないでしょうか…。個人サイトなんですよ、Ace Art Academy は。個人サイトだから、こんなに更新が遅れているのです。サーバ管理以外は、全部自分一人でやっているんですよ…。一向にクオリティが上がらないのも、そのためです。更新が不定期でコンテンツがろくに充実しないのも、そのためです。ボランティアなのです。ボランティアどころか、毎月のサーバ代が私の懐を傷つけてゆくのです…。

 Smoke Stings Studio は…こっちも構想のみ先走っています。まだまだ自分の納得できるレベルにはなっていないし…。でも、さっき文字デザイン1を、どこかの高校の編集委員のクラスページで使って下さるというメールが来て、うれしくなったり…。えー、どこの高校なのかをはっきり書いていただけるとありがたかったのですが…。というか、すみません、もっとちゃんとデザインし直します。あれは3年くらい前のデザインで、今見るとちょっとクオリティが…。

 新しいことをやりたくても、古いものの粗が目について、それを直しているうちに先に進めなくなったり…そんな状態。

 勤務先予備校と Ace Art AcademySmoke Stings Studio と、3つが自分の生活を食い潰しています…。何やってても、その3つが頭から離れません。「やらなきゃいけないこと」が多すぎて…。何でこんなに逃げ道のない状態なんですか…。何でこんなにいつでも気を張ってなきゃいけないんですか…。「楽」ってなんですか…。たぶん、遠くを見すぎるから、こういうことになるんだろうな…。もしかして、遠いところからしか、理解してもらえないんだろうか…。たまには愚痴らせて下さいな…。
posted by 成瀬隆範 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

 …9日間連続勤務も終わり…

 …本当は6日間の筈だったのに…

 …6時間立ちっぱなしだったり…

 …7時間喋りっぱなしだったり…

 …とりあえず明日は…

 …引きこもります………
posted by 成瀬隆範 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

クリスマスソング/賛美歌 特集ページ追加

Smoke Stings Studio
SSS.jpg


 クリスマスソング/賛美歌和訳集の特集ページを追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

教育理念「線で囲まれた虚構」「良い作品を作る」追加

Ace Art Academy
AAA.jpg

 「教育理念」に「線で囲まれた虚構」「良い作品を作る」を追加しました。
posted by 成瀬隆範 at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS feed meter for http://smokestings.seesaa.net/styles-63486.css
0このブログのトップ
9Seesaaブログ

 

since 2004.10 : copyright 2008 (c) all rights reserved : Naruse Takanori @ Ace Art Academy エースアートアカデミー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。